早めのクラミジア検査を!

クラミジア感染症とは自覚症状があまり出ない病気ですので、クラミジア検査が必要となり、特に若い女性は要注意です。気付いた時には手遅れなんて事のないようにしましょう。

高齢者のクラミジア検査とイソジンの殺菌作用

クラミジア検査は高齢者でも受けることができますが、性感染症の可能性が低い場合には医師の判断で、他の検査を優先することもあります。クラミジアは粘膜から感染するので、若い女性に多い病気とされていて、高齢でセックスをしていない場合には、クラミジアになるリスクがほとんどありません。極稀に感染者と入浴することで感染することもありますが、衛生環境が整っている現在の日本ではセックス以外では感染しないとされています。イソジンは口腔内の細菌を死滅させることができるので、クラミジアにも効果的ですが、セックス中に細菌が侵入した場合には、イソジンでうがいをしても細菌感染を防ぐことができません。口腔内をイソジンなどで清潔に保つことで、感染のリスクを下げることができますが、性器の接触がある場合には、シャワーを浴びたり、トイレに行って細菌を体の外に排出することも大切です。一番効果的なのはコンドームですが、セックスをする最初の段階から装着していないと予防効果が低下するので、クラミジアなどの性感染症を完全に予防するためには、ベッドに入ったらすぐにコンドームを装着する必要があります。性感染症は女性に多いのですが、その理由としては、尿道が短いことや、細菌が内臓に侵入しやすいことなどがあります。男性は細菌がペニスに侵入しても尿によって排出されますが、女性はすぐに膀胱までたどり着くので、男性よりも短時間で感染してしまいます。女性の場合もセックスの後に排尿することがクラミジア予防に効果的ですが、口腔内の粘膜からも感染するので、必ずうがいをしなければなりません。イソジンはセックスをする前と後に使用すると感染のリスクを下げることができます。

上へ戻る