早めのクラミジア検査を!

クラミジア感染症とは自覚症状があまり出ない病気ですので、クラミジア検査が必要となり、特に若い女性は要注意です。気付いた時には手遅れなんて事のないようにしましょう。

亀頭から膿が出る様な病状になったらクラミジア検査を

性感染症は自覚症状がないものもあるので、異変を感じた時にはパートナーに感染をさせてしまった、ということもあります。そのため性器などにいつもと違う症状を感じたら性感染症を疑い検査をすることが大切になります。
例えば男性の分かりやすい病状として亀頭から膿の様な液が少量出て尿道がむずがゆくなることがありますが、この場合はクラミジア検査をしてみると良いでしょう。クラミジアの初期症状は女性の自覚症状はほとんどなく異変を感じるのは男性側のみと考えていてもよいかもしれません。そのため女性は検査をすることで初めてクラミジアに感染していると気付くことが多いとされています。しかし気付かず放置しておくと女性は子宮外妊娠の可能性が出るなど後に影響を与えることがあるので治療が大切です。クラミジアを治療するには抗生物質を服用することになり、完治をするまでは性交渉をしないようにしましょう。他にも男性側の性感染症の病状として排尿時に尿道が痛み黄色い膿が多く出る場合は淋病、性器に水泡が出来て破れると痛みを感じる場合は性器ヘルペス、亀頭が赤みを帯び痒いとカンジダ症等、多数あり完治をするまでは性交渉をしないことが基本です。
性感染症は性交渉により感染するので、自分が感染しているのならパートナーも感染している可能性があるので、お互いに検査をすることが大切です。しかし性感染症というと恥ずかしく感じ、病院に行くことをためらう人もいるかもしれません。しかし放置をしていれば他の病気を引き起こしたり、男女ともに不妊症の原因になることもあるので治療は大切なことです。また性感染症によっては免疫力が低下することで発症することもあるので、必ずしも性交渉が原因とは限りません。性器に異変を感じたらすぐにでも検査をし、治療することを最優先しましょう。

上へ戻る