早めのクラミジア検査を!

クラミジア感染症とは自覚症状があまり出ない病気ですので、クラミジア検査が必要となり、特に若い女性は要注意です。気付いた時には手遅れなんて事のないようにしましょう。

おしっこでわかるクラミジア検査とユナシンの効果

クラミジアは日本で最も感染者が多く、100万人以上が感染していると言われる性病です。しかし女性では特に自覚症状が乏しく、知らないうちに感染を広げてしまうことがあります。症状がないといっても、放置しておくと不妊症や早産・死産の原因になるため、早めに治療しなければなりません。男性の場合は尿道に感染することが多く、おしっこのとき痛みや不快感を覚えたり、膿が出たりすることがあります。やはり症状が軽くて気づかないことも多く、男性型不妊や前立腺炎を起こす可能性があります。思い当たる節があったら、クラミジア検査を受けることをお勧めします。
クラミジア検査は泌尿器科や性病科の病院でも受けられますが、最近では自宅で簡単に検査できるキットも販売されています。一般的な検査は、おしっこや膣分泌液などを使って行ないます。自覚症状があれば、医療機関で保険が適用されます。他人に知られたくない場合には、検査キットを利用するのが便利です。
クラミジアと診断されたら、内服薬で治療することができます。治療薬としては、マクロライド系やニューロキノン系の抗生物質が主に用いられます。ユナシンはペニシリン系の抗生物質で、抗菌作用はありますが、細胞の内部へ浸透しにくいという弱点があります。クラミジアの病原体は一般的な細菌とは異なり、患者の細胞の内部に寄生するという特徴があり、偏性細胞内寄生体と呼ばれています。マクロライド系の抗生物質は、細胞内への浸透力が高く、クラミジアに高い効果を発揮します。
淋菌の感染により膿が出たり尿道痛があるときは、ユナシンが用いられます。同じ症状でも治療薬が異なる場合があるので、検査で病原体を明らかにすることが重要です。

上へ戻る