早めのクラミジア検査を!

クラミジア感染症とは自覚症状があまり出ない病気ですので、クラミジア検査が必要となり、特に若い女性は要注意です。気付いた時には手遅れなんて事のないようにしましょう。

クラミジア検査をしておけば安心

クラミジアは性感染症としては身近であるにも関わらず、男女ともに自覚症状が出にくい感染症でもあります。特に女性は自覚症状がほとんどなく、クラミジア検査をして初めて感染していたことに気付く場合もあります。しかし男性は自覚症状として排尿時にに軽い痛みがあったり、尿道にかゆみ不快感などを感じることがあるので、このような症状を感じたらクラミジア検査をしましょう。仮に感染していなければ安心することが出来ますし、感染していれば治療をし、不快症状から解放されることも出来ます。また感染していた場合は必ずパートナーにもクラミジア検査をしてもらい、治療が必要かどうかを確認しましょう。性感染症は治療をしなければ完治しないものがほとんどで、初期症状を感じたのにそのまま放置することで不妊症の原因になったり、他の病気を引き起こすことがあります。そのため初期症状感じた時点で検査を、陽性だった場合は治療をすることが非常に重要なポイントになるのです。クラミジアも例外ではなく、男性の症状が進行すれば精巣上体炎を引き起こし強い痛みを感じたり、陰嚢が腫れ高熱が出ることで無精子症になる可能性があり、女性であれば卵管炎を引き起こし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなる可能性もあります。そのため将来のことを考えても必ず治療が必要なのですが、なんの性感染症にかかっているのかが分からなければ治療方法も決めることが出来ません。適切な治療方法を選択するためにも検査をすることは大切なのです。性感染症というと、恥ずかしいと考える気持ちが先行し検査をすることを拒否してしまう人もいます。しかし自分の体や将来を安心できるものにするためにも、性感染症の検査をすることが大切なのです。

クラミジア検査を受ける前に注意すべき事

性器クラミジア感染症というのは、性行為によって感染する性感染症の典型的なものであり、実際に感染している人は日本心のなかにもかなり高い確率で存在しているはずですが、症状がまったく出ないようなケースもあるため、かえってやっかいなところがあります。そのため、感染のうたがいが生じるような行為をした場合には、ともかくクラミジア検査を受けて、クラミジアに感染していないかどうかをたしかめることがたいせつであるといえます。このクラミジア検査ですが、受けるにあたってはいくつか注意しておきたいことがあります。病院でクラミジア検査を受けるという場合、性行為から数日たってから受診をしたほうがよいというのが、その一点目となります。クラミジアに感染したとしても、体内で繁殖をするのは一定の時間がかかりますので、その間にクラミジア検査をしたとしても、実際には感染しているのにもかかわらず、陰性の反応が出てしまう可能性があるからです。また、病院で検体の採取はできたとしても、分析そのものは外部の検査機関が行うという場合もあるため、結果がわかるまでにも数日かかることがあるというのも、あらかじめ注意しておきたい点であるといえます。さらに、クラミジア検査というのは、病院だけではなくて、地域にある保健所において、匿名で行うこともできるものです。この場合ですが、基本的にはエイズ検査に付属して行われるのが通例であるため、場合によってはエイズ検査だけ行っていて、クラミジア検査は行っていないという保健所もありますので、事前に電話などで確認しておいたほうがよいといえます。また、通常は検査をする曜日や日付がきまっていたり、人数制限があることもありますので、覚えておいたほうがよいといえます。

クラミジア検査の信憑性

クラミジアのうたがいがある場合には、病院などの医療機関でクラミジア検査をしてもらい、陽性であるかどうかを確認するというのがセオリーであるといえます。実際にクラミジア検査において陽性が確認された場合には、抗生物質をいったん服用することによって、クラミジアがそれ以上体内において繁殖しないようにして、症状が改善するのを待つことになりますが、基本的にクラミジア感染症というのは抗生物質を服用してから一週間程度もあれば治癒するものです。ただし、卵巣炎などの体の奥のほうまでクラミジアが到達して重症化していた場合には、この程度の期間ではすまない可能性もありますので、医師の指示にしたがうことが重要となります。このクラミジア検査ですが、いくつかの手法があり、尿道から出た分泌物を採取して、そのなかの抗体反応を調べる検査の場合には、クラミジアの感染をきっかけとして体内に生じた抗体があるかどうかを感染のめやすとするものです。したがって、抗体の数値が高い場合には、現在まさにクラミジアに感染している状態であると推察できますが、場合によっては過去に感染はしたものの、現在は沈静化しているという状態であっても、少なからず抗体が確認されることがあるため、正確にクラミジア感染を反映してはいない可能性というのも、実はないわけではありません。このほかにも、患者の尿を採取して、そのなかにクラミジアのDNA検査が含まれているかどうかを確認するタイプのクラミジア検査もあり、こちらはクラミジアそのものが検出対象となっているため、おなじクラミジア検査であるのにもかかわらず、一方が陽性なのに、一方が陰性であったりすることがあります。


■クラミジア検査で病院に行くのが嫌な人は、まず自分で検査してみましょう。
クラミジアは手軽に検査できます

上へ戻る